糖尿病での保険


昔は糖尿病と診断された場合は保険に加入できないとされていたのですが、最近では糖尿病と診断された場合でも入れる保険が増えてきている傾向があります。

 

保険マンモスなどの総合サイトの中でも
糖尿病患者向けの情報が提供される事が増えてきており、加入条件なども確認できるようになっています。

 

 

では糖尿病でも入れる保険とはどのようなものなのかというと、
例えば無選択型の保険など特に追加プランなどを利用しない場合の保険は基本的に加入する事ができるとされています。

 

 

ほかにも限定告知型の保険ならば症状・治療状況によっては死亡保険などに加入する事ができますし、
一般の保険であっても症状・治療状況によっては特別な条件で死亡保険に入れる可能性があるとされています。

 

 

ほかにも最近では糖尿病患者専用の保険を用意しているところも増えてきているので、そちらを検討することがおすすめされています。

 

 

そのため一定の条件を満たしていれば生命保険や死亡保険・医療保険のいずれにも加入する事は可能であると言えます。

 

 

対して糖尿病と診断されるとは入れない保険とはどのようなものがあるのかというと、これは保険の種類と言うよりも糖尿病の進行具合や症状によっては入れるかどうかが決まってくるとされています。

 

 

例えば
症状や数値が重篤化している場合や診断されているのに治療していない場合、合併症を併発しているなど症状がかなり悪化している場合は糖尿病専用の保険以外には加入できる可能性が低いですし、服薬している薬の種類によっては断られてしまうと言うケースもあるようです。

 

 

処方されたら入れない薬

特に注意しておきたいのがインシュリンの自己注射を行っているケースです。

 

この場合は絶対に加入できないと言うわけではないのですが数値などのデータと総合的に検討されるようになっているので、自己注射を処方されているのに数値が安定していないと言う場合は加入できない可能性が高いです。

 

また安定している場合であっても自己注射をしている段階で状態が悪いと判断される事もあるので、一般的な保険の加入は厳しくなる事が多いようです。

 

逆に内服薬の処方程度であればそこまで保険の加入に影響する事は少ないとされているので、正しい情報を提示することの方が重要となります。

 

 

それ以外に気になる部分としては近年増え続けている糖尿病の予備軍の存在であり、
予備軍では入れないのか?という疑問を持っている人もいます。これに関しては予備軍であっても診断を受けている場合は糖尿病患者と同じ取り扱いになっており、その後検査や予防対策を定期的に行っているのかどうかで加入できるのかどうかが判断されます。

【保険マンモスFP無料相談申込みキャンペーン最新版】
詳しくはこちらをタッチでご覧になれます>>http://www.hoken-mammoth.jp/

自宅での保険相談がイヤなら

イオンなどに入っている保険相談専門店に行く方法がおすすめです。

基本、相談だけなので変な勧誘とかもありませんでしたよ。

お店での保険相談を予約するなら、⇒⇒こちらの【保険相談】予約の専門サイトが便利です。

全国1200店舗から地域別に探せますので。
TOPへ