保険マンモスとほけんの時間の違い

どのような情報を販売しているのか?

保険マンモスとほけんの時間との違いとは、簡単に言ってしまえば登録されている保険の代理店に対してどのような情報を販売しているのかと言う点にあります。

 

 

保険マンモスの場合は言ってしまえば集客サイトのようなものであり、インターネットなどの広告を見たと言う保険に対する問い合わせがあった場合に
契約している保険代理店(ファイナンシャルプランナー)を紹介するというシステムになっています。

 

イエローカード制などのファイナンシャルプランナーの質を維持する仕組みが特徴的です。

 

自宅や喫茶店、レストランなどまでファイナンシャルプランナーが出向いてくれます。
家族で面談するメリットも用意されているサービスです。

 

 

それに対してほけんの時間も最終的には契約している保険の代理店を紹介してくれるのですが、こちらのシステムは言ってしまえば「代理店」そのものであると言えます。

 

内容としては自分たちだけの力では集客が難しいとされている保険代理店に対して経営戦略やほけんの時間を経営しているライフプラザホールディングス社のネームバリューを武器に店舗展開をしており、そのノウハウを提供することによって集客能力を高めていると言う部分があります。

 

 

その過程で問い合わせがあった見込み客に対して代理店を紹介するようなシステムになっているので、ほけんの時間と言う代理店を経由してさらに代理店を紹介してもらうという内容になっているわけです。

 

 

このように結果としてはどちらも同じようなものとなっていますし最終的には同じような結末となるのですが、実際にはそれに至るまでの過程やシステムが大きく異なっていると言うのが保険マンモスとほけんの時間との違いであると言われています。

 

それ以外にもスタッフの資格取得の有無など細かい部分にも違いがあるので、その点も確認しておくことがおすすめです。

【保険マンモス無料相談申込みキャンペーン最新版】
詳しくはこちらをタッチでご覧になれます>>http://www.hoken-mammoth.jp/