自動車保険の選び方のコツ

自動車保険の選び方

任意の自動車保険の選び方を説明します。

 

 

補償に不足があるといざという時に自動車保険としての役割を果たせず危険です。

 

そういったスタンスで、対人賠償・対物賠償ともに最大の無制限補償を選ぶことを前提にした自動車保険の選び方を説明します。

 

 

最近の自動車保険ではリスク細分型の人気が高く、主流です。

 

リスク細分型の自動車保険は、たくさんの項目ごとにタイプや条件を設定して契約する方式です。

 

自動車保険もハイリスクの契約では料金が高く設定され、車種や排気量、運転者の年齢、運転者の範囲などを決めると契約の全体的なリスクが量られて料金が決まるのがリスク細分型の仕組みです。

 

 

リスク細分型が人気の理由とは、項目ごとに条件を選ぶことでニーズに合う補償をカスタマイズでき、不要な特約などは外すことで料金を抑えられるところにあります。

 

 

また最近では、お店などでの対面型に加えてインターネットを経由して契約をするダイレクト加入方式の自動車保険が登場しています。
ダイレクトと対面型では、それぞれにメリットがあります。

ダイレクト型自動車保険

ダイレクト型ではインターネットを経由することで24時間好きな時間に手続きでき、保険料が抑えられるというメリットがあります。

対面型自動車保険

対面型では、お店などで保険のプロの説明を受けられるというメリットがあります。

 

ダイレクト型で保険料が安い理由

ダイレクト型で保険料が安いのは、付加保険料がカットされていることによります。

 

保険料は補償に充てられる純保険料と事務経費などの付加保険料から成り、書類を使って店舗で申し込むということがないダイレクト型では付加保険料がかなり削減されているのが、保険料が抑えられる理由です。

 

 

運転者の年齢条件が若いなど、契約のリスクが高く料金が上がってしまう契約ではダイレクト型を選択するのもひとつの方法です。

 

弁護士費用特約

自動車保険の特約のひとつに、弁護士費用特約があります。

 

これは、交通事故で被害者になってしまった場合に弁護士に示談交渉を依頼する費用が補償される特約です。
弁護士費用特約の付帯はオプションにより料金が上乗せとなりますが、いざという時には弁護士のサポートで賠償金の額が増額できますから付帯すると安心です。
特に高額に保険料が増えるものではないので付けておいても良いかと思います。

 

人身傷害特約

人身傷害特約は、自分の車に乗っていた人の傷害を補償する特約です。

 

人身傷害補償特約の付帯は、車内のみと車外での怪我も補償されるタイプから選択できるのが一般的です。

 

補償範囲が広いと保険料は上がりますが、車外補償タイプでは歩行中に交通事故に遭った場合も保険が使えますので、リスクを考えて付帯するタイプを選択するのがおすすめです。

搭乗者傷害特約

搭乗者傷害特約は自分の車に乗っていた人の傷害を補償する特約で、実費で支払われる人身傷害特約区に対してあらかじめ設定された金額が支払われます。

 

搭乗者傷害特約の付帯は、家族限定など対象者の範囲を狭く設定できるプランもありますので見積もりをとるとそれぞれのプランの料金を簡単に比較することができます。

 

ほんとに車両保険の付帯って必要?

車両保険の付帯は、車種や年式・型式などで算出する車価により保険料が変わってきます。

 

付帯するかどうかは、現在の車価と保険料、修理時の費用を考えて選択します。

 

 

自動車保険の契約期間は通常1年間ですが、3年など長期契約のプランもあります。

 

長期契約では若干保険料が割引になりますが、契約期間で良いのは1年間と長期とどちらかという点では、契約期間中に何度も事故を起こしてしまった場合の等級の戻りの仕組みを理解してから選択するのが安心です。

 

ロードサービスでチェックすべきは?

ロードサービスでチェックすべき点は、無料でのサービスの範囲です。

 

複数社で見積もりをとり、ロードサービスの内容を比較するとどのプランのロードサービスが手厚いかがわかります。

 

事故対応でチェックすべき点は、第一に安心対応です。

 

いざという時に24時間365日体制で連絡がとれるか、示談の成立まで親身にサポートしてもらえる体制があるかなどをチェックして選択します。

【保険マンモス無料相談申込みキャンペーン最新版】
詳しくはこちらをタッチでご覧になれます>>http://www.hoken-mammoth.jp/