学資保険の選び方で大切な返戻率

学資保険の選び方で重要な返戻率


学資保険の選び方を説明します。

 

学資保険には貯蓄型と保証型とがあります。

 

貯蓄型

学資保険の中では、より将来に向けた現金貯蓄を重視した保険となります。

 

保証型

学資保険の中でも、医療保障や死亡保障などの保証が充実した保険となります。

 

払込免除特約

学資保険の契約者が、もし亡くなったとき、もしくはそれに相応するほどの病気を患ったときに、
それ以降、学資保険を払わなくても、満額の保険料を受け取ることができるシステムです。

 

働き手である親が亡くなったために、高校、大学、専門学校に行きたくとも行けずに、就職を選ぶ子供たちも少なくありません。

 

親が亡くなっても、ある程度お金があれば、子供達が自ら進みたいと思う高校、大学、専門学校へ進むことができます。

 

学資保険の払込免除特約は、親にとっても、子供にとっても、安心できるうれしい制度です。

 

この特約は本当にメリットが大きく、この特約が受けることができるだけでも、学資保険に入る価値があります。

 

医療特約

子供が病気やけがをしたときに、入院や手術など状況に応じて、お金が払われるシステムです。

 

この特約がついた学資保険に入るかどうかは、人によって考え方が違います。

 

確率的に子供のころは大きな病気を患う可能性が少なく、もし、大きな病気に患っても、日本の医療保険は非常に充実していて、ある一定の金額を超えた医療費は返ってきますし、自治体によっては、子供の医療費がかからない自治体もあります。

 

子供の手当が充実している自治体であれば、子供が中学生になるまで医療費がかからない自治体もあります。

 

そのような自治体であれば、医療費を心配が必要がありません。

 

 

故に、住む場所、考え方により医療特約がつかない学資保険を選ぶ方も多いです。

 

 

加入するタイミングは、妊娠中に加入される方も多いです。

 

妊娠後であれば、学資保険に加入することができます。

 

 

契約者は父と母どちらがなっても構いません。
払込免除特約がある場合がほとんどですので、両親のどちらか、主に働き手で主に多く得ている方を契約者として方がいいでしょう。

 

 

学資保険を選ぶ際に、返戻率を重視することも重要なポイントの一つです。

 

大切なのは返戻率

学資保険をかけ始めてから、受け取るまでの掛け金に対して、どのくらい学資保険を受け取れるかのきんがくによって変わります。

 

もちろん、保険会社によって様々ですし、その年によっても、返戻率が変わってきますので、最新の返戻率を確認することが大切です。

 

医療特約などを付けない場合には、この返戻率を重視して学資保険を選ぶ方が多いです。

 

 

その年の学資保険のランキングを見ても、返戻率が大きい保険会社ほど上位にランキングされています。

 

 

学資保険をかけるのは長期間に及びます。

 

長い年月保険料を払うことになるので、保険会社が合併、買収されたととき、または潰れた際に、今までかけた学資保険がどうなるかの確認もしておいた方が良いでしょう。

 

子供が自分のやりたい道を選び、その道の好きな仕事を見つけて、
社会人として、生きがいをもって生きていってほしいと思うのは、どの親も考えていることだと思います。

 

 

しかし、子供が社会人になるまでには長い年月がかかります。

 

それまで、親も元気で経済的にも精神的にも子供も支えてやりたいと思っても、病気やけがになってしまう可能性もあり、なにが起こるか分かりません。

 

 

親に万が一のことがあったとしても、学資保険に入ることで経済的に子供を支えることができるなら、学資保険に入るメリットはとても大きいと思います。

 

 

保険会社によって学資保険の内容は様々ですし、長期間保険料を払い続けることになります。

 

 

家の環境、子供をどう育てていきたいかを家庭でよく話合い、よく学資保険について調べてから、後悔しない保険会社を選んでください。
それは子供たちの大切な将来を支えてくれる安心材料の一つとなるでしょう。

【保険マンモス無料相談申込みキャンペーン最新版】
詳しくはこちらをタッチでご覧になれます>>http://www.hoken-mammoth.jp/